• TC技術検定
  • TCシンポジウム
  • ジャパンマニュアルアワード
  • 関連リンク集

[print]

TC技術検定


TC協会では、テクニカルコミュニケーション技術の到達度を全国規模の統一的な基準で検定し、技術の向上や人材の育成に活用することを目的に、「テクニカルコミュニケーション技術検定試験」(以下、「TC技術検定」)を実施しています。
TC技術検定は、次の2等級、3種類の試験によって構成されています。

TC技術検定の現在(2016年11月1日更新)


2020年のTC技術検定の予定

受験案内のご請求はこちら ≫≫


●受験料の改定
2019年10月1日からの消費税率8%から10%への引き上げに伴い、受験料を下記のとおり改定いたします。
 ・3級テクニカルライティング試験[TW]
  法人会員・個人会員・学生 10,260円 ⇒10,450円(税込)
  非会員 15,560円 ⇒15,840円(税込)
 ・2級使用情報制作ディレクション試験[DR]
  法人会員・個人会員 17,280円 ⇒17,600円(税込)
  非会員 26,460円 ⇒26,950円(税込)
 ・2級使用情報制作実務試験[MP]
  法人会員・個人会員 17,280円 ⇒17,600円(税込)
  非会員 26,460円 ⇒26,950円(税込)

2020年に実施する予定の試験は次の3種類です。

合格者の声

TC技術検定 2019年夏の試験結果

2019年7月14日に実施されたTC技術検定の試験結果についてまとめています。
※2019年冬の試験結果が表示される場合は、ページの再読み込みをお願いします。

TC技術検定 これまでの試験結果

これまでに実施されたTC技術検定の試験結果についてまとめています。

このページのトップへ戻る