• TC技術検定
  • TCシンポジウム
  • ジャパンマニュアルアワード
  • 関連リンク集

[print]

TC技術検定


TC協会では、テクニカルコミュニケーション技術の到達度を全国規模の統一的な基準で検定し、技術の向上や人材の育成に活用することを目的に、「テクニカルコミュニケーション技術検定試験」(以下、「TC技術検定」)を実施しています。
TC技術検定は、次の2等級、3種類の試験によって構成されています。

TC技術検定の現在(2016年11月1日更新)


「TC技術検定 2021年冬」受験者の皆さまへ 【2021年2月4日】

2月2日に、10都府県の緊急事態宣言の延長が発表されました。試験会場は対象地域に入っていますが、試験の実施は自粛要請の対象ではありません。TC技術検定試験は、すべての試験を予定どおり実施いたします。

内閣府から「新型コロナウイルス感染症対策」に関するウェブサイト ( 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の対応について 「内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室」が公開されています。
本試験は、文部科学省の「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について」>「業種別ガイドライン」>「民間検定試験等」を参考にして、実施の準備を進めています。
受験生のみなさまにおかれましては、マスクの着用、手洗いの励行等、感染リスクの高い行動を控え、感染予防と体調管理に努め、受験に臨んでください。状況は日々変化しています。関連情報ウェブサイトで常に最新の情報を確認してください。

なお、下記の場合は、受験を見合わせるようお願い申し上げます。
 ・新型コロナウイルス感染症で陽性と診断された場合
 ・発熱、咳、咽頭痛等の症状がある場合
 ・過去2週間以内に、入管法に基づく入国制限対象地域に滞在歴のある人、及びその者との
  濃厚接触がある場合
 ・過去2週間以内に新型コロナウイルス感染症で陽性と診断された者との濃厚接触がある場合
 ・過去2週間以内に同居している者に感染が疑われた場合

試験当日、欠席し、上記に関する証明が可能な場合に限り、次回の試験への振り替えを認めることとします。
そのほか、ご自身の都合で受験されなかった場合は、従来と同様に欠席として対応させていただきます。原則として代替試験などの措置、受験料の返還は行いませんのでご了承ください。
試験時間中はマスクの着用をお願いします。ただし、写真照合の際は、試験監督者の指示により、マスクの取り外しにご協力をお願いします。また、試験監督者もマスクを着用させていただきます。


2021年のTC技術検定の予定

新型コロナウイルス感染症防止対策のご案内について


今後実施する予定の試験は次の3種類です。

合格者の声

TC技術検定 2020年冬の試験結果

2020年2月23日に実施されたTC技術検定の試験結果についてまとめています。
※2019年夏の試験結果が表示される場合は、ページの再読み込みをお願いします。

TC技術検定 これまでの試験結果

これまでに実施されたTC技術検定の試験結果についてまとめています。

このページのトップへ戻る